バイアグラのジェネリックとは?

バイアグラのジェネリックとは?

バイアグラは全世界でも最も有名なED治療薬ですが、2013年にファイザー社の成分特許が切れたことで他の製薬会社でもバイアグラと同じ成分、同じ効果のジェネリック医薬品を製造販売できるようになりました。

 

これによってバイアグラよりも安価なバイアグラジェネリックが世界中で販売されるようになりました。

 

そもそもジェネリック医薬品がなぜ正規品よりも安い価格で販売できるのかというと、先発薬には莫大な研究費用がかかる上に開発までも長い年月がかかるため、どうしても価格が高くなってしまいます。しかし後発薬のジェネリック医薬品は研究費用がほとんどかからないため、安い価格で製造販売できるのです。

 

日本でも東和薬品株式会社が2014年に「シルデナフィル OD錠」を発売しています。
シルデナフィル OD錠

 

また製薬大国インドからはジェネリック医薬品にかけては世界トップクラスの企業アジャンタ・ファーマ社がバイアグラジェネリックでは世界でもっとも有名な「カマグラゴールド」と輸出用の「カマグラ」を発売しています。
カマグラゴール

 

 

これらのジェネリックはどちらもバイアグラと同じ成分、同じ効果があります。

 

「シルデナフィル OD錠」は国内の病院で処方してもらうことができます。(病院によっては取り扱ってない場合があります)

 

「カマグラゴールド」は個人輸入代行のネット通販で購入することができます。

バイアグラのジェネリックとは?記事一覧

世界中で最も有名なバイアグラのジェネリック医薬品の「カマグラ」は製薬大国インドに拠点を構えるアジャンタ・ファーマ社が製造販売するED治療薬です。アジャンタ・ファーマ社はジェネリック医薬品に関しては世界トップクラスの企業で、カマグラの他にもたくさんのジェネリック医薬品を開発しています。アジャンタ・ファーマ社が作るカマグラはシルデナフィル100mg含有で、日本人が服用する場合は半分の50mgに割って服...