バイアグラでEDを克服できた全記録

バイアグラとは?

バイアグラでEDを克服できた全記録

 

バイアグラとは1998年5月、米国ファイザー社より発売された世界初のED治療薬です。

 

現在世界110ヶ国以上で発売されている実績があり、日本でも1999年3月より発売されED治療薬と言えばバイアグラというほどED治療の代名詞となっています。

 

バイアグラの主成分のシルデナフィルは勃起の妨げとなっている加水分解酵素の活性を阻害する働きを持っていて性的刺激により勃起を促します。

 

バイアグラを飲むべき人はこんな人

勃たない

バイアグラはいわゆる精力剤ではありません。

 

ですので性欲には影響なく、精力アップ、持続力アップといった効果を期待できるも出のはありません。

 

勃起の持続力を促す薬ですのでいわゆるEDと言われる「勃起不全」や「勃起障害」といった症状の人が飲む薬です。

 

例えば勃起しても硬くならない、挿入してもすぐに柔らかくなってしまう、勃起しても長続きしない、性欲はあるのに興奮しても勃起しない、いつも勃起しないわけではないという症状もEDに含まれます。

 

40代以上に多いEDですが、最近では20代〜30代の男性にもEDが増えてきているそうです。

 

40代以上のEDの原因の多くは器質性EDで高血圧、糖尿病、男性ホルモン低下などですが、それ以外にも心因性EDとして過度の緊張、失敗のトラウマ、ストレスなどによるものが原因があるからだと言われています。

 

バイアグラの服用方法と効果持続時間

バイアグラの服用方法と効果持続時間

バイアグラの服用方法は、空腹時又は食事をしてから1時間以上あけて飲むことが推奨されています。

 

これはバイアグラが食事の影響を受けやすく、食後に服用すると、胃の粘膜に幕を張ってしまいバイアグラの有効成分であるシルデナフィルが吸収されなくなるからです。

 

また食事前でも服用してから1時間程度はあけてから食事をするようにしてください。

 

多量のアルコールと一緒に服用した場合は効果が半減する恐れがあります。

 

服用後1時間前後で効き目が表れて、勃起の効果持続時間は約4時間〜5時間程度になります。

 

行為の1時間前の空腹時に飲むことが理想的な服用方法と言えるでしょう。

 

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用

バイアグラの特徴はひし形の青い錠剤でネットでみたことがある人も多いでしょう。

 

このバイアグラは元々狭心症の研究の過程で出来たものであり、血管を広げる作用があるため、多くの方が「顔のほてり」を感じます。

 

他にも「頭痛」「動悸」「鼻炎」「不快感」光に過敏になる視覚異常などがあります。

 

これらは服用した8〜9割の人に表れる作用なのであまり心配はありません。

 

頭痛がひどい場合はロキソニン、バファリン等の頭痛薬を使用しても問題ありません。

 

バイアグラの購入方法

バイアグラの購入方法

日本でバイアグラを購入するには泌尿器科でEDの診察を受け、医師の処方箋をもらう必要があります。

 

つまりバイアグラは薬局で購入できるものではなく、購入に関しては医師に処方してもらう必要があります。

 

決して手軽に購入できるものではないですが、EDに悩んでいるのであれば是非医師の診察を受けたほうが良いと思います。

 

国内のED患者数は推計1800万人いるとされていて、40代以上だと3人に1人はEDだと言われています。

 

しかし実際に医療機関を受診した人はおよそ90万人でED患者数のわずか4.8%ほどで、これはアメリカの10分の1という低さです。

 

その多くは「恥ずかしい」という理由で、これはまさに日本人特有のものだと思われます。

 

しかしEDは放置しておくと、必ず悪化すると言われていて、今いつも勃起しないわけではない、勃起しても長続きしないという人でも今後完全に簿記市内重度のEDになる可能性があります。

 

EDは決して恥ずかしいことでもなく、診察も簡単な問診だけで済むのでEDだと少しでも自覚したら医療機関の受診をおすすめします。

 

国内承認薬と海外医薬品

上記でも言いましたが、国内ではバイアグラは医師の処方が必要な医薬品です。

 

現在承認されているのはバイアグラ50mg錠と25mg錠の2種類で、購入するには医師の処方箋が必要です。

 

一方で医師の処方箋がいらないバイアグラも存在します。

 

それが海外医薬品です。

 

バイアグラの海外品は主に100mg錠で日本では50mgと25mgしか承認されないため国内で購入することは出来ません。

 

海外医薬品は日本で承認されていない医薬品を個人輸入という形で購入することができます。

 

この方法ならば病院に行って診察を受けなくても個人の使用に限りバイアグラを入手することが可能です(ただし使用は自己責任)

 

ただし、個人輸入で購入するバイアグラの中には偽物もあるため注意が必要です。

 

≫個人輸入のバイアグラを購入してみた

 

バイアグラの価格

クリニックでの処方
バイアグラでEDを克服できた全記録
1錠(50mg)\1,400〜\1,600
1錠(25mg)\1,200〜\1,400
※1錠より処方可
※別途診察料が必要

 

個人輸入の場合
バイアグラでEDを克服できた全記録
1錠(50mg)1,000円〜1,395円
1錠(100mg)564円〜746円(2つに割って服用)
※複数セットの割引あり

 

見ての通りクリニックでの購入と個人輸入での購入では個人輸入の方が圧倒的に価格が安いです。

 

ただクリニックでの処方の場合は1錠から処方してもらえますが、個人輸入の場合は1箱単位(4錠)でしか買うことができません。

 

個人輸入なら海外正規医薬品のベストケンコー